トップページ > 診療所トピックス 

 地域医療センターの診療所関連のトピックスをご紹介


   診療所トピックス


 
 岐阜県へき地医療研修会の様子はこちら → へき地医療研修会



< トピックス一覧 >
 


 

H27.4.1 県北西部地域医療センターに名称変更!

 
 平成27年4月1日より、県が示す「岐阜県北西部地域におけるへき地医療広域連携構
 想」に基づき、広域連携のもとに持続可能な地域医療体制の構築を目指す仕組みとして
 現行の郡上市地域医療センターを発展的に拡大し、国保白鳥病院を基幹病院とした周
 辺自治体(郡上市、白川村、高山市)のへき地診療所を含めた地域医療を支える新たな
 モデルとなる「県北西部地域医療センター」を立ち上げました。



「おくちの体操」を郡上ケーブルテレビにて放送!


 和良歯科診療所の衛生士が出演する”さぁ始めよう!お口の体操”を郡上ケーブルテレ
 ビにて放送します。年齢を重ねるごとに、あごの関節が動きにくくなったりしますが、この
 体操は、あごの関節やむせや飲み込みにくいといった症状にも予防効果があります。
 そんな症状のある方もない方もご一緒に体操を始めましょう!

 【 放送局 】郡上ケーブルテレビ

 【
放 送 日 】12月8日 〜 21日

 【 放送時間 4:25 6:25  12:25  18:25



第54回 全国国保地域医療学会に参加しました。


 平成26年10月10日〜11日の2日間、長良川国際会議場・岐阜都ホテルにて開催
 されました。後藤医師、南医師は学会実行委員会委員となり、南医師は学術部会の
 副部会長を務め、永井事務長は事務部会委員を務めました。
 郡上市地域医療センターより11演題、郡上市健康課より5演題の発表を行いました。
 市の演題には、後藤医師が携わっています。
 
 【発表順】
 10月10日
  ◆栗本美緒医師   当地域における眼底動脈硬化所見と心血管疾患との関連
  ◆井森栄子看護師  様々な在宅医療の問題に対してのマニュアル作成の紹介
  ◆廣瀬英生医師   まめなかな和良21プラン第2期計画について
  ◆後藤忠雄医師   地域の介護予防課題の優先順位をどう決めるか?
  ◆池戸純子介護士  当老健施設デイサービス利用者に対するアンケート調査
  ◆蒲樹事務員     老健利用者を巻き込んだ施設の環境整備
  ◆(市健康課)西脇麻奈美保健師
               特定健診事業推進における特定健診等評価推進全体会議の
               役割について
  ◆(市健康課)上村喜美江保健師
               健康福祉推進計画をもとに自殺予防対策を実施した経過
 
 10月11日
  ◆島田紫香看護師  当診療所における糖尿病患者会「和良さつき会」参加前後の
                検査データ
  ◆蒲和男検査技師  当施設の安全管理対策の組織全体での取り組み
  ◆(市健康課)石田紡事務員
               特定健診自庁システム運用の効果について
  ◆(市健康課)蒲とよみ保健師
               妊産婦とパートナーを対象とした禁煙サポートの取り組み
  ◆(市健康課)末武麻悠子保健師
               地域の基本チェックリスト結果の分布は情報収集のやり方で
                違いがあるか?
  ◆後藤忠雄医師   特定健診質問票項目と予後(第1報):心脳血管疾患罹患との
                関連
  ◆後藤忠雄医師   特定健診質問票項目と予後(第2報):総死亡との関連
  ◆廣瀬英生医師   当地域における脳卒中の危険因子及びその人口寄与危険
                割合の検討


平成26年5月 岐阜大学看護学科セミナーを開催!


 看護師・保健師を志望する学生23人が参加しました。センター長(医師)より地域医療センターの役割やへき地医療について学び、看護師や保健師による地域での活動紹介があ りました。地域住民と語ろう会では、活発な意見交換がされました。学年別の活動として、1年生は在宅ケアを受けている方のお宅訪問、2.3年生は方須でのゲートボールに参加し、住民の方と楽しみました。
 

平成26年2月
  当センター長が「第7回地域医療貢献奨励賞」を受賞!


 当センター長の後藤忠雄医師が、地域医療に貢献があったとして「第7回地域医療貢献奨励賞」を受賞しました。後藤医師は、へき地にある5つの診療所を4人の医師で管理・運営(巡回)するシステムを作り上げたことなどが評価されました。この賞は、辺地など医療に恵まれない地域での医療の確保や地域住民の福祉増進を図る取り組みを支援するため、 住友生命福祉文化財団が2007年度に創設しました。今年度は、全国で6名の方が受賞しました。


平成24年10月 当センター長が「へき地医療貢献者」を受賞!



当センター長の後藤忠雄医師が、山村や離島で長年医療に従事する自治体病院の医師に贈られる「へき地医療貢献者」の表彰を受けました。全国自治体病院開設者協議会と全国自治体病院協議会が表彰し、全国で16人が選ばれました。

また、9月2日開催の第3回プライマリ・ケア連合学会学術大会において、学術大会長賞を受賞しました。



▲上へ戻る


平成22年10月8日−9日 第50回全国国保地域医療学会参加

  今年も、全国国保に参加しました(国立京都国際会館で開催)。
  今年は郡上市から12題の発表がありました。


 


▲上へ戻る


第49回 全国国保地域医療学会参加 10.2-10.3


10月2日から10月3日仙台国際センターにおいて全国国保学会に参加しました
今年も当地域から6題の演題をだしました。それそれの発表者が掲示されたポスターを
利用し発表をしました。


▲上へ戻る


第32回日本プライマリケア学会参加


8月22日23日において、今年も当センターから4名(医師2人、保健師2人)が参加し、それぞれ演題を発表しました。


○ 後藤医師『主治医意見書利用に関する調査』
○ 廣瀬医師『利尿剤の定期服用と泌尿器症状の関連の検討』
○ 中嶋保健師『地域における食育対策とその成果
         :まめなかな和良プラン21プラン中間調査より』
○ 加藤保健師
  『地域における喫煙対策とその成果:まめなかな和良21プラン中間調査より』


▲上へ戻る

小那比診療所の竣工式が行われました。


4月2日(木) 八幡町小那比にて国保小那比診療所の竣工式が行われました。小那比診療所は老朽化がひどかったため、今回改築移転工事を行ったものです。移転に当たっては、廃園となっていました小那比保育園を改修し再利用しました。新診療所は木造平屋 延床面積98uとなっています。 地元の要望から立ち上がった今回の改築とあって、竣工式には郡上市長、石神自治会長(小那比)、地域医療センター長らが出席し、竣工式は盛大に行われました。 


▲上へ戻る

2009.2.14家庭医療学会冬季セミナー参加(講師) 


   2月14日 東京大学において当センター長後藤医師、廣瀬医師、加藤保健師、郡上市東部地域担当 中嶋保健師が講師として、家庭医療学会に招かれました。後藤医師を中心にヘルスプロモーションについて発表。和良地域における先進的な取り組みに会場も盛り上がっておりました。

   


▲上へ戻る


県北西部地域医療センター
  連絡先一覧


国保白鳥病院
   п@0575(77)2311
   fax 0575(77)2376


国保和良診療所
   п@0575(77)2311
   fax 0575(77)2376


国保高鷲診療所
   п@0575(72)5072
   fax 0575(72)6592


国保小那比診療所
 /fax 0575(69)2011

国保石徹白診療所
   п@0575(86)0011
   fax 0575(86)0012


和良歯科診療所
   п@0575(77)4008
   fax 0575(77)4004


和良介護老人保健施設
   п@0575(77)2778
   fax 0575(77)2174


和良保健福祉総合施設
   п@0575(77)4007
   fax 0575(77)4040

     



                  制作・管理

    
県北西部地域医療センター 国保和良診療所 
            広報グループ HP管理係
           〒501−4595  岐阜県郡上市和良町沢882番地
             電話0575−77−2311  FAX0575−77−2376