TOP > 郡上を楽しもう! 歴史・文化
郡上を楽しもう!歴史・文化 水と踊りの城下町、郡上にまつわる円空仏、人々の根底にある白山信仰、古今伝授の地郡上。昔から自然と人々がお互いを支え合って暮らしてきた郡上は、さまざまな歴史を積み重ねて現在に至ります。 天気予報(ウェザーニュース)

郡上八幡城
昭和8年に当時国宝「大垣城」を参考に再建されました。木造四層五階建の天守閣などは郡上市重要文化財に指定され、一帯の城跡は県史跡に指定されてます。
TEL:郡上八幡観光協会

郡上八幡博覧館
大正時代に建てられた旧税務署の外観をそのまま残した建物です。内部は郡上八幡の「水とおどりの城下町」のキャッチフレーズにそって歴史、伝統、水環境や郡上おどりなどを展示
TEL:郡上八幡観光協会
宗祗水
連歌の宗匠「飯尾宗祇」がこの泉のほとりに草庵を結び、愛用したことから名付けられました。昭和60年全国名水百選に指定。
TEL:郡上八幡観光協会
慈恩寺てっ草園
慶長11年八幡城主遠藤慶隆により建立された臨済宗の寺院。庭園・てっ草園は、静寂の中に滝の水音が調和し、幽玄な雰囲気をかもしだす。新緑、秋の紅葉、雪景色など、四季を通じて趣のある禅宗庭園です。
TEL:郡上八幡観光協会
やなか水のこみち
繁華街の新町から角を曲った町なかの一服の清涼剤のような路地。 玉石を敷きつめた道と水路、柳の並木、大きな家屋敷。歩いている人がみんなちょっといい顔になる小道です。
TEL:郡上八幡観光協会
斎藤美術館
齋藤家が270余年にわたり、茶人として代々収集愛用してきた書画・茶道具をはじめ、美術工芸品を展示。齋藤家母屋は国の登録文化財に指定されています。
TEL:郡上八幡観光協会
遊童館
画家、造形作家として多彩な芸術活動を続けている水野政雄の作品館。油絵、水彩、和紙人形、木の枝や葉、紙の造形など楽しい作品を展示しています。
TEL:郡上八幡観光協会

おもだか屋
鮎の画家として名高い水野柳人が『げてもの』と呼び親しみ蒐集した奥美濃の民芸の数々を陳列しています。 これらの品々の時代のつやと光をご覧下さい。
TEL:郡上八幡観光協会
郡上八幡樂藝館
国の登録文化財である旧林療院を改修し、療院の記念室、郡上ゆかりの芸術家の作品を展示する郡上画廊、歴史民俗資料の展示を行う町方文化資料室のほか町民展示室も設け、町文化の拠点としております。

TEL:郡上八幡観光協会
古い町並み
柳町や職人町、鍛冶屋町は古い町並みと呼ばれ、袖壁と紅殻格子が昔ながらの町屋作りを特長づけています。
TEL:郡上八幡観光協会

郡上八幡旧庁舎記念館
建物は旧郡上八幡町役場で国の登録文化財の指定をうけています。内部は郡上八幡の特産品の展示販売や軽食、2階は郡上おどりの体験会場となる「かわさきホール」。
TEL:郡上八幡観光協会
いがわの小径
いがわ小径(いがわこみち)は、郡上八幡旧庁舎記念館の横にある用水。鯉や岩魚、あまご、サツキマス、鮎などが泳いでいます。
TEL:郡上八幡観光協会
古今伝授の里フィールドミュージアム
東氏ゆかりの篠脇城、明建神社などで自然を感じ、一体となれる体感型施設。庭園内では古今集に詠まれる花木や草花が季節ごとに彩りを添えています。
TEL:大和観光協会
阿千葉城跡
鎌倉時代、承久の乱(1221年)の後、山田庄の地頭に任せられた東胤行(とうのたねゆき)が最初に城を構えた所で三代時常までおよそ百年間ここに居城した。
TEL:大和観光協会
名勝・東氏館跡庭園
中島を配した優雅な池泉庭園は、数少ない中世武将の庭園として学術的価値と景観の素晴らしさが認められ国の名勝にもなっています。
TEL:大和観光協会
長刀清水
明建神社の近くにわく名水50選のひとつ。大干ばつの時に神主の娘が水上神に祈ったところ、わき出したと伝えられています。
TEL:大和観光協会
白山文化博物館
白山の三つの峰あ重なったデザインの施設。館内では国重要文化財を中心に長滝白山神社などに伝わる貴重な宝物を公開しています。
TEL:白鳥観光協会

白山中居神社
古代、白山信仰の広がりにより隆盛を極めた。彫刻や能面など多くの重要文化財を所蔵し、境内の樹齢千年を数える杉やブナ原生林も県の天然記念物に指定されています。
TEL:白鳥観光協会
長滝白山神社
神仏分離以前は白山中居長滝寺と呼ばれ、全国に2,700社ある白山神社の拠点。鎌倉・室町期の文化財を所蔵し、国や県の重要無形文化財に指定されているものが多数あります。
TEL:白鳥観光協会

美並ふるさと館
円空ふるさと館では、円空の初期から晩年の作品93体を展示し、円空上人の生涯をパネル等で展示しています。また、生活資料館は美並町の昔の生活や風習を再現しています。
TEL:美並観光協会

星宮神社
ロマンチックな響きを持つ星宮神社は古い歴史を持つ神社です。御本尊は虚空蔵菩薩です。ぜんそくや眼病の人がここでお願いするとよくなるといわれています。また願いがかなえばお礼として左鎌を奉納します。

TEL:美並観光協会
千葉家のいろり火
この火種は、承久三年(1221年)に火打ち石で点火されたのが始まりで、以来代々家長が責任を持って受け継いでおり、一度も消えることなく守り続けてきました。
TEL:明宝観光協会
明宝歴史民俗資料館
かつてあった小学校の校舎を、民俗資料博物館として昭和37年に設立。人々が実際に使用していた生活用具を中心に、約47,000点あまりが収蔵されています。
TEL:明宝観光協会

和良歴史資料館
懐かしい農機具や生活用品、また貴重な民俗資料などが展示されているほか、石器や縄文時代の土器なども陳列されています。全国の民話や伝説にまつわる図書も集められています。
TEL:和良観光協会

念興寺 鬼の首
この寺にある鬼の首は角が二本あるドクロ。約千年前に藤原高光が退治したといわれています。
TEL:和良観光協会
鷲見城址
築城は文治元(1185)年頃、奥美濃の国人領主鷲見頼保によって築かれたと伝えられます。
TEL:高鷲観光協会
郡上おどり
平成8年に重要無形民俗文化財に指定。毎年7月中旬から9月上旬までに述べ32夜開催。踊りの種類は10種類あり、誰でも気軽に踊れます。
TEL:郡上八幡観光協会
高雄歌舞伎
市島地区に200年の伝統をもつ地歌舞伎。深夜まで延々と続く村人総出の熱演ぶりは心にひびくものがあります。秋の収穫を祝う素朴な祭事、昼間は伊勢神楽が奉納されます。
TEL:郡上八幡観光協会
郡上本染寒ざらし
毎年、大寒の日に行われる郡上本染の寒ざらし。400年以上にわたる歴史を持ち、県重要無形文化財に指定されています。
TEL:郡上八幡観光協会
七日祭
700年余り前、この地を治めていた東氏が関東より来郡した際に伝えたとされる明建神社の例祭。岐阜県の重要民俗文化財に指定されている。
TEL:大和観光協会
六日祭り
別名「花奪い祭り」といわれ、6mの天井から吊した花を奪う豪快なもので、この奪い取った花を家へ持ち帰ると、家内安全、商売繁盛に繋がると伝えられる。
TEL:白鳥観光協会
白山中居神社春季例祭
毎年5月第3日曜の春季例祭では保安元年(1120年)より伝わる雅楽に合わせ、二人の巫女が鈴・扇・幣・鳶・二古来人舞の5種類の舞(五段の神楽)を奉納します。
TEL:白鳥観光協会
白鳥おどり
老若男女が思い思い浴衣で、アップテンポなリズムにあわせて踊ります。郡上おどりと比べ、走ったりステップが多かったりと全般にテンポに速い踊りです。
TEL:白鳥観光協会
寒水の掛け踊り
国の選択民俗芸能に指定される伝統神事。鬼・奴・花笠など役者は総勢130人にのぼります。
TEL:明宝観光協会
戸隠神社(九頭宮)例祭
別名九頭宮(くずのみや)と呼ばれ約400年もの歴史があります。大旱魃に困った村人達が九頭大明神に願をかけて天の岩戸開きの原型を再現したのが始まりとされています。
TEL:和良観光協会
白鳥拝殿おどり
拝殿おどりは国選択無形民俗文化財。楽器を使わずに踊り手自身が歌いながら軽快に踊るもので、盆踊の古い姿を伝えています。

TEL:白鳥観光協会

観光に関するお問い合わせは市観光連盟または各観光協会へ
郡上市観光連盟
TEL:0575-67-1808
FAX:0575-67-1820
E-Mail:renmei@gujokankou.com


郡上八幡観光協会
TEL:0575-67-0002
FAX:0575-67-1771

E-Mail:gujoodri@rd.mmtr.or.jp
大和観光協会
TEL:0575-8-2211
FAX:0575-88-4351
E-Mail:yamato_kanko@yahoo.co.jp
白鳥観光協会
TEL:0575-82-5900
FAX:0575-82-5901
E-Mail:kankou@shirotori-gujo.com
高鷲観光協会
TEL:0575-72-5000
FAX:0575-72-5001
美並観光協会
TEL:0575-79-3111
FAX:0575-79-2986
E-Mailmi.shinkou@city.gujo.gifu.jp

明宝観光協会
TEL:0575-87-2844 
FAX:0575-87-2641

E-Mail:sight@gujomeiho.jp
和良観光協会
TEL:0575-77-2211
FAX:0575-77-2547