音声告知端末の使い方

各部の名称とはたらき

音声告知端末の画像

ケーブルモデム

ケーブルモデムの状態を表すランプ
CABLEランプ
緑点灯の時、センター側と正常に接続されています。
PCランプ
緑点灯の時、音声告知端末と正常に接続されています。
DATAランプ
通信時に緑点滅します。消灯していても異常ではありません。
POWERランプ
ケーブルモデムの電源ランプです。正常時に緑点灯しています。

音声告知端末

音声告知端末の状態を表すランプ
①電源ランプ
②接続ランプ
③サービスランプ

正常時には左の画像のように緑点灯します。

1つまたは複数のランプが緑や黄、赤で点滅した状態が5分以上続いていたり、消灯している場合は正常に動作していません。お手数ですが音声告知端末の再起動をお試しいただくか、郡上ケーブルテレビ放送センターまでお知らせください。

④IP電話
未使用時は消灯しています。IP電話の着信時に緑点滅、通話中に緑点灯します。
再生・停止・消去・進むの各ボタン
⑤再生・停止ボタン

ボタンを押すと録音された放送を再生します。再生中にもう一度ボタンを押すと再生中の放送を停止します。

未再生の録音がある場合に緑または赤で点滅します。緑点滅は通常放送、赤点滅は緊急放送の未再生録音がある状態です。すべての録音を再生すると緑点灯となります。

録音は緊急放送が1件、通常放送が3件まで保存され、新たな録音が行われると古い録音から消去されていきます。録音されない放送もあります。

放送またはボタンの操作から1時間が経過すると、再生・停止ランプは自動的に消灯します。

⑥進むボタン
再生中に押すと次の録音を再生します。
⑦消去ボタン
再生中に押すとその録音を消去します。
音量ボリューム
⑧音量ボリューム
スピーカー音量の調節を行います。つまみを右端にすると最大となり、左端にすると「消音中」ランプが点灯して消音となります。ただし、緊急放送は音量ボリュームに関係なく最大音量で流れます。
⑨プログラム1,2,3ボタン
郡上ケーブルテレビでは使用しません。

音声告知端末の再起動手順

停電から電力が復旧した際などに音声告知端末が一時的に不調となる場合があります。多くの場合、以下の手順に従って再起動を行っていただくことで復旧します。

再起動を行っても音声告知端末の「電源」「接続」「サービス」の各ランプがすべて緑点灯しない場合は、お手数ですが郡上ケーブルテレビ放送センターまでお知らせください。

なお、インターネット接続サービスをご利用の場合は、音声告知端末の再起動を行う前に、ルータ(無線LAN親機)やパソコン等のインターネットに接続している機器の電源をすべてお切りください。再起動後に音声告知端末の「電源」「接続」「サービス」の各ランプがすべて緑点灯したことを確認してから、それらの電源を入れてください。

一体型・音声告知端末の再起動

一体型・音声告知端末[背面] 音声告知端末の背面にある「電源スイッチ」
一体型・音声告知端末[電源切]
①電源スイッチを「切(○)」側に倒します。
倒した後、30秒ほどそのままにしてください。
一体型・音声告知端末[電源入]
②電源スイッチを「入(-)」側に倒します。
一体型・音声告知端末[ランプ]
③左上の「電源」「接続」「サービス」の各ランプが緑点灯します。

すべてのランプが緑点灯するまで、電源スイッチを「入」にしてから約5分程度掛ります。

5分以上経過してもすべてのランプが緑点灯しない場合は、端末の故障の可能性がありますので、お手数ですが郡上ケーブルテレビ放送センターまでお知らせください。

分離型・音声告知端末の再起動手順

分離型・音声告知端末[背面] ケーブルモデムの「電源ケーブル」と音声告知端末の背面にある「電源スイッチ」
分離型・音声告知端末[電源切]
①電源スイッチを「切(○)」側に倒します。
ケーブルモデム[電源切]
②ケーブルモデムの電源ケーブルを引き抜きます。
引き抜いた後、30秒ほどそのままにしてください。
ケーブルモデム[電源入]
③ケーブルモデムの電源ケーブルを差し込みます。
電源ケーブルを差し込んでから30秒程で、ケーブルモデムの「POWER」と「CABLE」のランプが点灯します。
分離型・音声告知端末[電源入]
④電源スイッチを「入(-)」側に倒します。
一体型・音声告知端末[ランプ]
⑤左上の「電源」「接続」「サービス」の各ランプが緑点灯します。

すべてのランプが緑点灯するまで、電源スイッチを「入」にしてから約5分程度掛ります。

5分以上経過してもすべてのランプが緑点灯しない場合は、端末の故障の可能性がありますので、お手数ですが郡上ケーブルテレビ放送センターまでお知らせください。