本文へスキップ


HOME 観光人力車 結婚式演出 イベント出張
SPJ (進風舎プロジェクト)


ネーミングは良いのが思いつかなかったので、「SPJ」にしました。

SPJ立ち上げの理由

郡上八幡で観光人力車を営業しながら思うことは、空家などを利用してもっと地元の若者が起業してくれないかと言うこと。
現在の郡上八幡は夏に観光客が集中し、春・秋は安定した客数を見込めない状態である。
冬はスキー客は通るが、名所めぐりに訪れるかというとキビシイ面もある。
しかし、就職難の時代に「独立して観光業を」という道もあることを若い世代に知ってもらい、将来の選択肢の一つとして選べるような体験をしてもらおうと思ったことが始まりである。


何を企画するのか?

郡上踊りが行われる夏の時期に、チョットしたイベント的観光業を毎年やってみようと思っています。
人材は地元高校生。八幡町出身。長男。素直でマジメで、何か「内に秘めたヤル気を持った子」を使ってみたいと思ってます。長男ってところがポイントです (^^)v


事業の目的

「SPJ」の志すところは「未来の起業家のキッカケ作り」というところと、話題性のある形で営業し「街の活性化」に一役駆れればという点なので、利益率は低くても面白ければやってしまおう!!と思ってます。
「これは面白いぞ!」ってのが原動力になります(^_^ゞ
また、学生の雇用形態は税法上「歩合給」としますが、日々の営業方法や収支などは「個人事業主」として接していきたいと思ってます。
やっぱり「雇われている」のと「個人事業主」としてでは気持ちの持ち方が雲泥の差なので。
すべては「将来のUターン起業のキッカケ作り」ですから。


学生(事業主)に何を期待するか

夏の期間終了時に、観光業の楽しさや、街の人々との関わり合い。事業主としてのヤリガイなどを気付いてもらえたらと思う。


進風舎としての取り組み

人材を選ぶ前までに事業実現の準備をしておくのはもちろんのこと、日々の営業をサポートしていく。
また将来的には、Uターン起業に備えて物件を確保し、開業の受け皿としてテナント提供できればと言う目標があります。
SPJは10年間継続していくつもりです。