法話 (浄土と仏を考える)

寒念仏和讃  (古い和讃の復元)

「エモい」って他力?  ( 左右、前後、与格構文の話・PDFファイル)

仏恩とは何か  ( おかげ様と縁起と御恩報謝)

死に方プロデュース  ( 人間であることの悲しみと喜び)

他力と自力  ( 五念門行と利他力のこと)

念仏申して  ( 介護の貴重な記録・PDFファイル)

数学と仏教と憲法と  ( 人間に光あれ・PDFファイル)

仏教の経済学  ( お布施=給与? ・PDFファイル)

お念仏のはたらきとお育て  ( 方便論的個人主義・PDFファイル)

善知識とする道  ( 華厳経と菩提心と信心と善知識)

妙好人与之助さん  ( 与之助さんの生涯・PDFファイル)

和讃と和歌  ( 思想の表現としての和讃)

応報( べし)考  ( 恩徳讃について)

関東ご旧跡巡拝の旅  ( 親鸞さんと出会う旅)

無量光…十二光  ( 法蔵菩薩の修行)

観無量寿経  ( イダイケのさとり)

指月の譬  ( 言葉「 指」と真実「 月」)

浄土の思想  ( 自分の國から菩薩の仏国土へ、そして浄土へ)

ベッカー教授に聴く  ( 僧侶の役目)

老いへの恐れ  ( 養生訓と徒然草)

死者との対話  ( お迎え現象・その後)

お迎え現象  ( おだやかな「 看取り」について)

行年の意味  ( 曽我蕭白行年三十四歳画)

門徒とアーミッシュ  ( 宗教的共同体の文化と信心の相続)

仏教と科学  ( 仏教は物語である)

「 悪」の読み方について  ( 漢音に近づける努力)

「 ノアの洪水物語」と「 三車火宅物語」  ( 東洋の英知)

「 空也上人がいた」  ( 念仏と遊行と介護)

私たちはどこから来たのか  ( 仏の子)

釈迦はなぜ出家したのか  ( 世間を相対化する浄土の働き)

浄玻璃の鏡  ( 物語としての仏教)

周利槃特(しゅり・はんどく)の悟り  ( 学校でなぜ掃除をやるのか)

仏さまはどこにいるの?  ( おばあちゃんの口癖)

凡夫だけどかけがえのない私  ( ぼくなんか居なくても変わらない)

仏の子と常不軽菩薩  ( 子の母をおもうがごとく)

二つに分かれる前の世界  ( 一如の世界から見る)

「 死に支度致せ致せと桜かな」一茶  ( パワーポイントで作成しました)

「 蜘蛛の糸」を廻る二つの物語  ( 二河白道・信心の道)

念仏はどのように行うのですか?  ( 「 後世物語聞書」より)

この世は全てバーチャルである  (現代における「 無自性・空」のとらえ方)

まかせることの難しさ  ( 自力と他力…心臓手術の体験から)

毛坊主と妙好人 その二  ( 妙好人の生き方)

毛坊主と妙好人 その一  ( 念仏道場と毛坊主)

寺院の「 護持問題」  ( お寺の護持と課題)

春の永代経  ( 年々歳々花相似たり 歳々年々人同じからず)

二つの功徳  ( スジャータの供養とチュンダの供養)

古今伝授と国ゆずり  ( 古今集仮名序にみることばのちから)

浄土教の美しい思想  ( 還相の菩薩)

本当の幸せとは・・・働く幸せ  ( 真の貧困と真の豊かさ)

かうまで申し候ふも御恩のちからなり  ( 山越阿弥陀図と平生業成)

出会えた不思議さと出会えない悲しみ  ( 対称性)

人生の意味  (『 夜と霧』を再読して)

二つの「 私」  (「 私-それ」の「 私」と「 私-汝」の「 私」)

映画「 おくりびと」を見て  ( 死は門を通るだけ)

脳の中の小人たち  ( 諸法無我・その2)

「 人間的自然の理性化」から「 理性の人間的自然化」へ ( 理性について)

裏と表の話   ( 機法一体)

阿弥陀くじと後光と傘連判状   ( いのちの平等性)

差別と多様性と同一性   ( 多様性の海から同一性の浄土へ)

わがこころのよくてころさぬにはあらず  ( 縁起と唯識)

我愛福徳…なぜ功徳を積むのか?   ( アヌルダの問い)

神の存在証明  ( 科学と宗教)

0の発見と仏教  ( 縁起と空)

切干しと縁側の話  ( 縁起の道理)

準備はできましたか  ( 死と生)

後生の一大事  ( 美濃島与之助さんの話)

シュレーディンガーを追体験  ( 諸法無我・その1)

葬式を大事にする仏教 ( 葬儀の商品化)

浄土への五つの門  ( 往生論註・五念門と五果門)

死後の世界について  ( 無生の生)

浄土論  ( 浄土はこの世にあるのか、あの世にあるのか)

他力の信心  ( 私の中にある自己中心性をどうしたらいいのか)

雪の俳句  ( 井上井月のこと)

学仏大悲心  ( 仏の大慈大悲)

本願に相応する  ( 他力とは)

不自由な耳に聞こえる声  ( 聴と聞について)

   【 もどる】
アクセスカウンター